リフォームしてベビーシッターを呼ぶ

最近話題となっています。

ベビーシッターについて真剣に考えてみました。

リフォームして見違えるほどの建物として、ベビーシッターを呼び込むという手法です。

リフォームして既存住宅に付加価値をつけ多角的な経営をするというのは考えながら実践すれば難易度は高くないと言えます。都心部では待機児童問題が課題となり官民の枠を超えた取組みが行われています。
ニーズにこたえるために土地探しをする業者もありますが、既存の建物を使いベビーシッターに活用してもらうという手法は一般的ではありませんが、注目されています。新規に開園すると莫大な費用が必要となりますが、既存のものを活用すれば予算が抑えられます。ベビーシッターの需要は小さいお子様、特に1歳から3歳にかけての未就園児の受け入れについて要望が多いです。



役所の福祉部門が競って対策を実施している最近では、リフォームを活用した取り組みは追い風が吹いていると言えます。リフォームは、地域の方の体験談や、役所に問い合わせるなどして、実施方法について正確に把握してください。

専門業者に委託することになりますが安全面の配慮が大事です。

出入り口の位置や、夜間の照度はどうかなど広い視野から検討が必要です。



衛生面も大事です。
水周り、空気の流れ、ウイルスが浮遊しないよう風通しを良くします。
普段は自宅として活用できるようにするのもよい案です。
広々とした空間は家族だけでなく友人を呼んでホームパーティなどにも活用できます。
知恵を絞り空間を有効活用してください。