ベビーシッターハウスにするためにリフォーム

ベビーシッターが不足しているというニュースをよく見かけるのではないでしょうか。



子供が少ない割りには、子供が小さいときに預ける場所が少ないのです。


保育士等の資格を持っていながら、ベビーシッターをする場所がないというのではどうしようもないので、ベビーシッターハウスにリフォームするのもいいでしょう。



ではリフォームする時にはどのようなことに注意をしなければならないでしょうか。


まず、ベビーシッターハウス特有の設備を備えなければならないことです。


マンションなら、赤ちゃんの泣き声が外に漏れないようなリフォームを考えなければなりません。



そのためには防音シートを壁に貼り付けるという方法があります。


防音シートであれば近所迷惑になることもありませんし、リフォームをしても問題ない部分になります。

次に、角をなくさなければなりません。

赤ちゃんも成長するにつれて、つかまり立ちをし、11ヶ月ぐらいになると歩き始める子供も少しずつ出てきます。
1歳2ヶ月ぐらいにはほとんどの子供が歩き始めるため、歩き始めたときの対策として、障害物をなくす工夫と、角をなくす工夫をしなければなりません。

角をなくすには、100円ショップなどで売っている角っこにくっつけるクッションのような物をくっつけてもいいですが、子供がある程度成長すると、今度はいたずら好きになり、クッションを外してしまうことがあります。そのたびに付けるのは大変なので、角をなくすことが大事です。